×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

道東のドライブは冬こそ快適に楽しみたい

冬の北海道をドライブしたことがありますか。北海道の中でも道路事情の厳しい道東を駆けるには四輪駆動、質の良いラジアルタイヤ、そしてカーナビが必要です。想像してください。空から雪が降るのではなく、地面から雪が吹き上がる十勝平野を根釧原野を。周囲は白一色に覆われ視界も十分でない時、一瞬パニックになります。全く方向感覚がなくなる。そんなとき「高性能をカンタンに」してくれるパイオニア カーナビが実力を発揮します。道路種別、道路幅、信号機の有無、踏切などを考慮してルート探索。大きな声ではっきりと指示する音声。誰でも操作ができる、わかりやすく、使いやすいタッチパネル。携帯電話を接続してVICS情報を広範囲かつ短時間に取得することができる「オンデマンドVICS※3サテライト。スムーズな走行とルートを外れても新ルートを再提案。さすが クルージングの先駆けメーカーだけに悪条件の中こそ真価を発揮してくれるたのもしさ。最近、北海道の交通事故が減ったのは高品質を誇るカーナビのおかげでしょうか。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

音楽を聴きながら景色を、後部でDVD

道東の移動は長距離。車中で必要なもの、眠気ざましの熱いコーヒーとガム、そして良質の音楽。HDD楽ナビ・地上デジタルチューナー「GEX−P7DTV」はiPodと接続可能です。長距離のドライブは50〜100曲聞ければ十分。「TVM−W7000」を接続して前席でカーナビ、後席でDVDビデオを楽しむことができます。

ハイテクが道東ドライブを快適に

吹雪のやんだ十勝平野、根釧原野、知床をドライブする際に気をつけなければならないのはエゾシカの横断。そして、北キツネが雪原を散歩します。凍てついた川の水が流れている所に丹頂鶴が白鳥がいます。その姿を見逃さないことが大事。いくら、カーナビが便利でも、見づらい画面は道東ドライブを台無しにします。画面は見やすいこと。その点、パイオニアのカロッツェリアは高度な地図描画テクノロジー搭載で多彩な地図表示が一目でわかります。

スポンサード リンク

Copyright © 2008 パイオニア カーナビで北海道の冬を走る